アフリカ英語圏チーム

10月4日(月)から10月8日(金)の日程でオンライン開催しました。

JILAF南雲理事長の開会挨拶

 10月4日から10月8日の日程で、ガーナ、ケニア、ザンビア、ナイジェリア、南アフリカの5ヵ国計10名(うち女性2名)が参加し、無事にプログラムを終了しました。

 JILAFは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大による入国制限に伴い、海外の研修生を日本に招へいする研修プログラムに代えて、インターネットを介した「オンラインプログラム」で事業を実施しています。
オンラインプログラムは、5日間で構成され、2日間は労使関係や労働政策に関するオンデマンド動画の視聴、3日間はJILAF役員との意見交換や講義のフォロー等を行うリアルタイムのオンラインセッションを実施しました。
 質疑応答の場面では、非正規労働者の組織化状況やギグワーカーなどに対する組合の対応の等について、質問が多く集まりました。

参加者からは、主に以下のアクションプランが提案されました。
(1)SNSなどを活用して、労働相談の体制を整えるとともに、相談内容を分野別に分析して組合の制度政策に結び付けたい。(ケニア)
(2)気候変動とカーボンニュートラルを達成させるために、ナショナルセンター内で幅広い議論を提唱し啓発する。また、政府側との協議の場において、政府に関与させるよう働きかけたい。(南アフリカ)
(3)建設的な労使関係を構築し、労使関係のベストプラクティスを収集する。(ガーナ)

今回ご協力いただいた関連機関一覧

日本労働組合総連合会(連合)全国電力関連産業労働組合総連合(電力総連)
四国電力労働組合中小企業家同友会全国協議会(中同協)
日本生産性本部全国労働金庫協会(ろうきん協会)

皆さまどうもありがとうございました。

参加者の様子

オリエンテーションの様子

オンラインセッションの様子