先進国チーム

2月7日から2月11日の日程で、イタリアとフィンランドの2ヵ国計4名(うち女性2名)が参加し、無事にプログラムを終了しました。

フィンランド森林産業の労使紛争事例の報告

 JILAFは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大による入国制限に伴い、海外の研修生を日本に招へいする研修プログラムに代えて、インターネットを介した「オンラインプログラム」で事業を実施しています。
 オンラインプログラムは、5日間で構成され、2日間は労使関係や労働政策に関するオンデマンド動画の視聴、3日間はJILAF役員との意見交換や講義のフォロー等を行うリアルタイムのオンラインセッションを実施しました。
 4日目に開催した労働事情を聴く会では、イタリアからは直近の多国籍企業の労使紛争について、フィンランドからは医療従事者、森林産業の労使紛争について、それぞれ事例報告を受け、出席者で理解を深めました。

今回ご協力いただいた関連機関一覧

日本労働組合総連合会(連合)日本経済団体連合会(経団連)
日本生産性本部日本労働組合総連合会東京都連合会(連合東京)
全国労働金庫協会(ろうきん協会)

皆さまどうもありがとうございました。

参加者の様子

イタリアの労使紛争事例の報告

フィンランド医療従事者の労使紛争事例の報告

閉会式の様子