アフリカ英語圏チーム

10月16~10月29日の日程でアフリカ英語圏の9組織10人を招聘した。

 参加者は全体を通じて、各講義・訪問先において、自国の直面している問題をふまえて活発な質問・意見を出され、日本の労働運動の現状を政労使それぞれの角度から学んだ。
 特に連合の組織構造や組織率低下に対する現状と対策、日本の良好な労使関係・労使協議の構築、労使紛争の解決策、男女平等参画の取り組みと問題点に強い関心を示していた。
 連合栃木プログラムでは、栃木県庁訪問、連合栃木役員との意見交換を行ない、地方行政や地方連合会の組織の取り組みを学んだ。またハローワーク栃木では求職者に対する支援体制、日産自動車・栃木工場では良好な労使関係づくりに高い関心が集まった。
 産別・職場訪問では航空連合を訪問し、組織化に対する取り組みを参考にしたいとの意見が出された。その後、機体整備場を視察し、実際の機体を間近に見ながら整備士による説明に熱心に耳を傾け、作業者の厳しいチェックとチームワークに感銘を受けていた。
 また経団連による経営者講義では、日本の労使関係・労使協議制度や利益の分配、労使紛争の解決策など、積極的な質問が出された。
 評価会では「プログラムを通して得た事を、自国の問題の解決と新たな組織づくりに生かしたい」との意見や参加者間の今後のネットワークの構築について多くコメントが出された。

今回ご協力いただいた関連機関一覧

連合栃木栃木県庁
ハローワーク栃木日産自動車(株)栃木工場
日産自動車労働組合栃木支部航空連合
JAL整備場日本経団連

皆さまどうもありがとうございました。

参加者の様子

労働講義

厚生労働省訪問

労働事情を聴く会で各国の労働事情について報告

広島原爆ドームを前に

ハローワーク栃木訪問

連合栃木との意見交換

航空連合訪問

JAL整備場訪問

日本経団連講義