カンボジア・モンゴルチーム

9月26日~10月9日の日程で、カンボジアおよびモンゴルの2組織より8名(内女性4名)を招聘した。

 参加者は、JILAFでの講義や訪問先での視察・意見交換を通じて学んだ日本の労働運動、労使関係の特長、生産性運動等を自国での活動に活かそうという姿勢を示した。
 とくに、日本の少子・高齢化に伴う諸課題、生産性の向上、春闘と団体交渉、多国籍企業における労使関係等、多岐にわたる質問が出され、活発な議論が行われた。
 連合島根プログラムでは、ハローワークを訪問して雇用保険制度や職業紹介制度の説明を受け、失業者等に対する現場の支援体制について学んだ。
UIゼンセン同盟では、産業別労働組合の組織と活動について理解を深めた。その後、加盟組合の職場である花菱縫製岩槻工場を訪れ、オーダースーツの製造過程を視察するとともに、組合執行部と単位労働組合の活動について意見交換を行った。
 労働金庫では、労働金庫と労働組合の活動の相互関連性について理解を深めた。
 また、地方プログラムで広島の平和記念資料館や原爆ドームを視察し、参加者一同深い感銘を受け、[1]核兵器の廃絶と世界の恒久平和の実現、[2]北朝鮮による拉致被害者の一日も早い解放を内容とする「平和アピール」をとりまとめ、アピールを行った。

「カンボジア・モンゴルチーム平和アピール」(PDFファイル)

今回ご協力いただいた関連機関一覧

連合島根パナソニックエレクトロニックデバイスジャパン株式会社
パナソニックエレクトロニックデバイス労働組合キャパシタ松江支部島根県庁
ハローワーク松江UIゼンセン同盟
花菱縫製株式会社花菱縫製労働組合
全国労働金庫協会

皆さまどうもありがとうございました。

参加者の様子

連合・南雲事務局長を表敬訪問

日本生産性本部で生産性運動を学ぶ

パナソニックエレクトロニックデバイスジャパン株式会社フィルムキャパシタディビジョン訪問

島根県庁・溝口知事を表敬訪問

ハローワーク松江訪問

UIゼンセン同盟訪問

花菱縫製岩槻工場訪問

全国労働金庫協会訪問

参加者全員で世界平和に対するアピールを行う