活動報告

2013年度

招へい(2014.02.16〜2014.02.22)

先進国チーム

2月16~2月22日の日程で、先進国チームを招聘しました。

現地支援(2014.02.12〜2014.02.15)

インド INTUC 労働組合主導による労働環境改善事業(POSITIVE)

 国際労働財団(JILAF)は、インド全国労働組合会議(INTUC)と共催で「労働組合主導による労働環境改善事業(POSITIVE)育成セミナー」を2月12日~15日、タミル・ナドゥ州チェンナイ市で開催し、日系事業所を含む13職場より各2人、合計26人の労働組合リーダーが参加しました。

現地支援(2014.02.07〜2014.02.08)

フィリピン 労使関係・労働政策セミナー

フィリピン労働組合会議(TUCP)との共催で、「フィリピン経済特区における建設的な労使関係と中核的労働基準の遵守に向けた社会対話の促進」と題した労使関係セミナーを2月7~8日、首都マニラで開催しました。

現地支援(2014.02.02)

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(1~2月)

2014年2月2日、ネパール・カトマンズにおいて、インフォーマルセクター労働者の生活改善・底上げのための草の根支援事業(SGRA )のナショナルワークショップを開き、本事業のネパール政労使関係者など78人が参加しました。

現地支援(2014.01.28〜2014.01.29)

インドネシア 労使関係・労働政策セミナー

インドネシア労働組合総連合(KSPI)との共催で、「グローバル時代における労働組合の戦略」と題した労使関係セミナーを1月28~29日、首都ジャカルタで開催しました。

海外の労働事情(2014.01.24)

南米チームの労働事情

2014年1月24日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援(2014.01.23)

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(1月)

2014年1月23日、国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)のバングラデシュにおけるナショナル・ワークショップを開催しました。

現地支援(2014.01.23〜2014.01.29)

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(1月)

2014年1月23~1月29日、タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)の第3回拡大中央推進委員会ならびにナショナルワークショップ開催のため、バンコクを訪問しました。

招へい(2014.01.19〜2014.02.01)

南米チーム

1月19~2月1日の日程で、南米諸国より4ヵ国・計11人を招聘しました。

現地支援(2014.01.17〜2014.01.18)

ミャンマー 労使関係・労働政策セミナー(1月)

建設的労使関係の構築や労使紛争の未然防止を目的とした労使関係・労働政策セミナーを、ミャンマー労働組合連盟(FTUM)、およびITUCヤンゴン事務所との共催で開催しました。

海外の労働事情(2013.12.19)

先進国チームの労働事情

2014年2月19日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情(2013.12.13)

アフリカ英語圏チームの労働事情

2013年12月13日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援(2013.12.12〜2013.12.13)

ネパール 労使関係・労働政策セミナー

12月12~13日、「労使関係・労働政策セミナー」をネパール・カトマンズにて開催し、64人が参加した。今回のセミナーは、NTUCの他、同じく国際労働組合総連合(ITUC)に加盟しているネパール労働組合総連合(GEFONT)および全ネパール労働組合連盟(ANTUF)から成るITUC-NACと共催する初セミナーとなりました。

現地支援(2013.12.10〜2013.12.11)

ベトナム 労使関係・労働政策セミナー(12月)

ベトナム労働総同盟(VGCL)との共催のもと、「外資系企業における建設的な労使関係の構築」を主要テーマに労使関係・労働政策セミナーをベトナム・ハノイで開催しました。

招へい(2013.12.08〜2013.12.21)

アフリカ英語圏チーム

2013年12月8~12月21日の日程で、アフリカ英語圏チームとして、ガーナ、ケニア、ナイジェリア、ウガンダ、南アフリカ、ザンビア、ジンバブエの7ヵ国8組織から10人を招聘しました。

海外の労働事情(2013.11.29)

東欧チームの労働事情

2013年11月29日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

招へい(2013.11.24〜2013.12.07)

東欧チーム

2013年11月24~12月7日の日程で、東欧チームとしてチェコ、ポーランド、ルーマニア、ハンガリー、ブルガリアの5ヵ国6組織から計8人を招聘しました。

現地支援(2013.11.23〜2013.11.26)

インド INTUC 労働組合主導による労働環境改善事業(POSITIVE)

国際労働財団(JILAF)は、インド全国労働組合会議(INTUC)と共催で「労働組合主導による労働環境改善事業(POSITIVE)基礎セミナー」を2013年11月23~26日、タミル・ナドゥ州チェンナイ市で開催しました。

現地支援(2013.11.18〜2013.11.30)

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(11月)

国際労働財団(JILAF)は2013年11月18~11月30日、タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)のため、事業展開地域であるバンコクならびにチェンマイを訪問しました。

広報(2013.11.17〜2013.11.21)

韓国・労使発展財団(KLF)との定期交流

国際労働財団(JILAF)は、韓国・労使発展財団(KLF)との定期交流で11月17~21日、韓国・ソウルを訪問しました。

海外の労働事情(2013.11.15)

ユーラシアチームの労働事情

2013年11月15日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援(2013.11.14)

カンボジア二国間セミナー

カンボジア・プノンペンで11月14日、二国間セミナーを開催し、過去の招聘事業参加者を中心に、合計40人が参加しました。

招へい(2013.11.10〜2013.11.23)

ユーラシアチーム

11月10~11月23日の日程で、ユーラシアチームを招聘した。アゼルバイジャン、グルジア、カザフスタン、モルドバ、ウクライナ、ウズベキスタンの6ヵ国から9人が参加しました。

現地支援(2013.11.06〜2013.11.10)

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(11月)

2013年11月6~10日、ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)のため、首都カトマンズおよび事業展開地域であるバクタプール郡を訪問しました。

広報(2013.11.05〜2013.11.06)

連合2014春季生活闘争中央討論集会開催

日本労働組合総連合会(連合)は11月5~6日、2014年度の賃金・労働条件改善に向けた方針を議論する2014春季生活闘争中央討論集会をしました。

現地支援(2013.10.26〜2013.10.29)

ベトナムVGCL労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)

ベトナム労働総同盟(VGCL)と共催で「労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)」を10月26~29日、ベトナム・クアンニン省で開き、労働組合指導者31人が参加しました。

広報(2013.10.23)

再招聘チーム労働事情を聴く会 経済社会の発展と労使関係の新たな課題 ~グローバル化の中での労使関係のあるべき姿を考える~

10月23日、インド、マレーシア、フィリピンの3ヵ国の労働組合指導者を招き、労働事情を聴く会「経済社会の発展と労使関係の新たな課題~グローバル化の中での労使関係のあるべき姿を考える~」を開きました。

海外の労働事情(2013.10.23)

再招聘チームの労働事情

2013年10月23日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援(2013.10.21〜2013.11.11)

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(10〜11月期)

2013年10月21~29日、および11月6日〜11日、バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)のため、事業展開地域であるボグラ、クルナ(10月)、および首都ダッカ(11月)を訪問しました。

招へい(2013.10.20〜2013.10.24)

再招聘チーム

10月20~24日の日程で、インド、マレーシア、フィリピンの3ヵ国から計5人を招聘しました。

現地支援(2013.10.13〜2013.10.17)

スリランカ労使関係・労働政策セミナー

スリランカのナショナルセンターであるセイロン労働者会議(CWC)および全国労働組合連盟(NTUF)とそれぞれ共催のもと、「労使関係・労働政策セミナー」をスリランカ・コロンボで開催し、中央・地方の労働組合リーダー各25人が参加しました。

広報(2013.10.05〜2013.10.06)

グローバルフェスタJAPAN2013が開催される

グローバルフェスタJAPAN2013が10月5~6日、東京・日比谷公園で開かれ、約250団体が出展し、約7万8千人が来場しました。

海外の労働事情(2013.10.04)

中東・アフリカ北部チームの労働事情

2013年10月4日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

広報(2013.10.03〜2013.10.04)

連合・第13回定期大会

日本労働組合総連合会(連合)は10月3~4日、第13回 定期大会を東京国際フォーラムで開催し、各構成組織から組合員約1400人が参加しました。

招へい(2013.09.29〜2013.10.12)

中東・アフリカ北部チーム

9月29~10月12日の日程で、中東・アフリカ北部地域の8ヵ国から、合計10人を招聘しました。

広報(2013.09.26)

労使紛争未然防止セミナーを開催

国際労働財団(JILAF)は、9月26日、「海外労組トップリーダー・有識者聞く!~アジアで増大する労使紛争を未然に防止するために~」をテーマに、労使紛争未然防止セミナーを開催し、労働組合、企業、行政、研究者、学生など約150人が参加しました。

現地支援(2013.09.14)

タイ労使関係・労働政策セミナー

ITUCタイ協議会(ITUC-TC)の4ナショナルセンター(SERC、LCT、TTUC、NCPE)との共催のもと、インダストリオール(TEAM、TWFT、ALCT)の参加も得つつ9月14~15日、タイ・バンコクで「労使関係・労働政策セミナー」を開催し、各組織の労働組合リーダー75人が参加しました。

現地支援(2013.09.10〜2013.09.13)

インドネシア 労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)

インドネシアの南スラウェシ州マカッサル市でインドネシア労働組合総連合(CITU/KSPI)との共催で9月10~13日、労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)を開催しました。

現地支援(2013.09.02〜2013.09.11)

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(9月)

2013年9月2日~11日、ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)のため、首都カトマンズおよび事業展開地域であるバクタプール郡とパルサ郡を訪問しました。

招へい(2013.09.01〜2013.09.07)

ミャンマーチーム

9月1~9月7日の日程で、ミャンマー労働組合連盟(FTUM)から計10人を招聘しました。

現地支援(2013.08.22〜2013.08.23)

モンゴル 労使関係・労働政策セミナー

モンゴル労働組合連盟(CMTU)と共催で、労使関係・労働政策セミナーを2013年8月22~23日、モンゴル・ウランバートル市で開き、各地域・産別組織代表者に加え、政府、経営者団体から約80人が参加しました。

現地支援(2013.08.21〜2013.08.25)

多国間セミナー

8月21~25日、タイ・バンコクで、国際労働機関(ILO)との共催により「不安定な雇用と対応」を主なテーマとする多国間セミナーを開催し、アジア・太平洋地域の若手労働組合指導者24人が参加しました。

現地支援(2013.08.18〜2013.08.27)

ヨルダン多国間セミナー

2013年8月18~27日の日程で、ヨルダンの首都アンマンで多国間セミナーを開催しました。

海外の労働事情(2013.07.26)

中国・韓国チームの労働事情

2013年7月26日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援(2013.07.24〜2013.08.04)

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(7月)

2013年7月24~8月4日、タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)のため、事業展開地域であるバンコク、チャンマイならびに今後の事業拡大を見据え、コンケンを訪問しました。

現地支援(2013.07.23〜2013.07.27)

フィリピン 労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)

フィリピン労働組合会議(TUCP-ITUC)との共催で「労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)」を7月23~27日、フィリピン・マニラ市で開き、労働組合指導者など約20人が参加しました。

招へい(2013.07.21〜2013.08.03)

中国・韓国チーム

7月21~8月3日の日程で、中国・韓国から、合計10人を招聘しました。

現地支援(2013.07.16〜2013.07.26)

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(7月)

2013年7月16~26日、ネパール・SGRA事業のため、首都カトマンズおよび事業展開地域であるバクタプール郡とパルサ郡を訪問しました。

海外の労働事情(2013.06.28)

タイ・インドネシアチームの労働事情

2013年6月28日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

招へい(2013.06.23〜2013.07.06)

タイ・インドネシアチーム

6月23~7月6日の日程で、タイ・インドネシアチームとして、タイからはITUCタイ協議会(ITUC-TC)に加盟している4組織から4人、インドネシアからは3つのナショナルセンターから5人の合計9人を招聘しました。

現地支援(2013.06.21〜2013.06.22)

カンボジア 労使関係・労働政策セミナー

ITUCカンボジア協議会(ITUC-CC)との共催で「労使関係・労働政策セミナー」を6月21~22日、カンボジア・プノンペンで開き、労働組合指導者など60人が参加しました。

海外の労働事情(2013.06.07)

アジア太平洋チームの労働事情

2013年6月7日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

招へい(2013.06.02〜2013.06.15)

アジア・太平洋チーム

6月2~ 6月15日の日程で、アジア・太平洋の6ヵ国から、合計12人を招聘しました。

現地支援(2013.05.30〜2013.06.11)

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(6月)

2013年5月30~6月11日、ネパール・SGRA事業のため、首都カトマンズおよび事業展開地域であるバクタプール郡とパルサ郡を訪問しました。

海外の労働事情(2013.05.24)

ベトナム・カンボジアチームの労働事情

2013年5月24日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

招へい(2013.05.19〜2013.06.01)

ベトナム・カンボジアチーム

5月19~6月1日の日程で、ベトナム・カンボジアチームとして、ベトナム労働総同盟(VGCL)5人、ITUCカンボジア協議会(ITUC-CC)5人の2ヵ国2組織から合計10人を招聘しました。

広報(2013.05.19〜2013.05.24)

国際労働協力センター(KOILAF)労働組合活動家プログラム

韓国労使発展財団・国際労働協力センター(KOILAF)が主催する「労働組合活動家プログラム」が5月19~24日、韓国・ソウルで開催され、日本から4人の労働組合役員が参加しました。

現地支援(2013.05.15〜2013.05.23)

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(5月)

今年度のタイにおけるSGRA事業の最初の活動となる第1回EWCセミナー開催のため、5月15~23日、バンコクを訪問しました。

現地支援(2013.04.19)

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施

今年度のタイにおけるSGRA事業開始にあたり、4月14~25日、バンコクおよび北部チェンマイを訪問し、現地関係者との協議・調整を行ないました。

現地支援(2013.04.06)

ネパール非正規学校運営会議および教師研修の開催

独立ネパール労働組合会議(NTUC-I)とネパール全土で協働運営している9校の非正規学校の運営会議を2013年4月6日、カトマンズで開催し、各校教師および運営関係者約40人が参加しました。

現地支援(2013.04.04〜2013.04.11)

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(4~5月期)

今年度のバングラデシュSGRA事業開始にあたり、4月4~11日にダッカを訪問し、作業部会を開催しました。

現地支援(2013.04.03〜2013.04.11)

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施

ネパールの今年度のSGRA事業開始にあたり、4月3~11日にカトマンズを訪問し、主に現地関係者との協議・調整を行ないました。