2019 JILAF国際シンポジウム
~今後の労働契約のあり方と労働者の権利保護について~

 グローバル経済の進展に伴う国際競争の激化と技術革新の飛躍的な発展は、雇用のあり方そのものや労働者の働き方に大きな影響を与え、様々な変化をもたらしています。これに伴い、各国では経済発展に向けた労働契約の多様化・複雑化への対応として労働者の権利保護等の課題に直面しています。
 今般、このような変化に先駆的に対処しているイギリス、ドイツの労働組合リーダー、ドイツの使用者側を招へいし、それぞれの国における労働契約の多様性や労働契約を発端とする紛争事例とそれを解決する仕組み・手続き等の現状について共有します。その上で、我が国の現状と対比しつつ、「今後の労働契約のあり方と労働者の権利保護」について検討・論議していきます。

開催日時 2019年11月22日(金) 13:30~17:00
場 所 ベルサール九段3階ホールB
定 員 80名程度
参加費 無料
通 訳 日本語/英語同時通訳
お申込み 参加申込書にご記入の上、Emailでご送付下さい。
〆 切 11月20日(水)
お問い合わせ先 (公財)国際労働財団 総務グループ
電話 03(3288)4188 Email:soumu@jilaf.or.jp

プログラム(案)

13:30 開会
13:30~13:40 主催者代表挨拶
(公財)国際労働財団(JILAF)専務理事 安永 貴夫
13:40~15:40
(休憩含む)

各国報告(労働組合・使用者)

<イギリス>
 イギリス労働組合(TUC)
<ドイツ>
 ドイツ労働総同盟(DGB)
 株式会社 プレッテル
<日本>
 日本労働組合総連合会(連合)
15:40~16:50 質疑応答・ディスカッション
16:50~17:00 閉会

会場アクセス

【会場】

ベルサール九段
住所:〒102-0073 東京都千代田区九段北1-8-10 住友不動産九段ビル3F
TEL:03-3261-5014

【交通機関】

「九段下駅」7番出口徒歩3分(東西線)
「九段下駅」5番出口徒歩3分(半蔵門線・新宿線)
「神保町駅」A2出口徒歩7分(半蔵門線・新宿線・三田線)
「飯田橋駅」東口徒歩10分(JR線)
「水道橋駅」A2出口徒歩10分(三田線)

【地図】

地図

※周辺に「ベルサール神保町」など名称が似た会場がありますため、お間違いのないようお越しください。