JILAF Database/ナショナルセンター

国際運輸労連

組織名 国際運輸労連
International Transport Workers’ Federation(ITF)  
住所 49-60 Borough Road, London, SE1 1DR, United Kingdom
電話番号 44 20 7403 2733
FAX番号 44 20 7357 7871
メールアドレスmail@itf.org.uk
ホームページ http://www.itfglobal.org
役員名会 長:Mr.Paddy Crumlin(オーストラリア海員労組書記長)(2021年4月現在)
副会長(アジア太平洋)住野敏彦(交運労協議長)
書記長:Mr.Steve Cotton(本部)
加盟組織150ヵ国、700組織、約2,000万人
地方組織数地域事務所:アジア太平洋(東京)、アフリカ(ナイロビ)、アフリカ仏語圏(ブルキナファソ)、アラブ(アンマン)、欧州(ブリュッセル)、米州(リオデジャネイロ)

ITFアジア太平洋地域事務所
〒108-0023 東京都港区芝浦3-2-22 田町交通ビル3F
TEL 03-3798-2770,FAX 03-3769-4471
Eメール: mail@itftokyo.org
ホームページ:http://www.itftokyo.org/

アジア小地域事務所:ニューデリー、シドニー
主要加盟産別業種①鉄道、②路面運輸、③港湾、④船員、⑤内陸水運、⑥漁船員、⑦民間航空、
⑧観光サービス
大会情報4年に1回

前回:2018年10月14日~20日 第44回世界大会(シンガポール)
次回:2022年
主要課題・活動方針世界大会で確認された4つの「てこ」
1)グローバルステージにおける唯一の民主的大衆組織としてのITFの特色ある力により、
組合員を動員し、政府や使用者にその力を示す。
2)グローバル経済の重心はアジア・太平洋地域、特に中国に移りつつある。この変化を見定めて、将来の重要取組み分野で活動する。
3)運輸交通産業の急速な拡大により、新たな物流拠点で非組合員労働者が雇用されるなどITFの労使関係地位が脅かされている。ITFはグローバル交通の結束点となる港湾と空港を戦略的に重視する。
4)グローバル企業における影響力を強化する。運輸産業の将来を形成する4つの主要企業 Deutsche Post DHL, Fedex, UPS 及び XPOが特に重要である。

略史1896年に結成。当時は純粋な船員・港湾労働者の組織であった。その後、陸上交通労働者にも門戸を開放。第一次大戦時には加盟組合員数は100万人に達した。
第一次大戦により組織は一時分断されたが、1919年にアムステルダムで特別大会を開き再生、加盟組合員数は300万人となった。
1940年までの間、ITFはファシストとナチスの支配下にあった国々の地下組織で重要な位置にあり、また20年代、30年代にはアフリカやアジアの組合と連絡を取り合いながら、反植民地運動を行った。
戦後は、植民地開放とともにアジア・太平洋、アフリカの組合が加盟。
更に90年代に入り、中・東欧諸国の労組も加盟した。1996年、結成100周年を祝った。ICFTU設立に貢献し、初代書記長を出した。
日本加盟組織 海員、都市交、サービス連合、国労、運輸労連、航空連合、日本航空キャビンクルー・ユニオン、交通労連、私鉄総連、JR総連、全自交労連、JR連合、全国港湾、交運労協MSG(14組織)

ITF-JC(全日本交通運輸産業労働組合協議会)国際委員会
〒108-0023東京都港区芝浦3-2-22
田町交通ビル内
TEL.03-3769-6571
FAX.03-3769-6570
Eメール:itf-jc@koun-itf.jp
ホームページ:http://www.koun-itf.jp

更新日: 2021年04月16日